アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日記」のブログ記事

みんなの「日記」ブログ

タイトル 日 時
正念場の「N」
 先日の朝、子供を保育所に送り届けたあと、ちょっと用事があって久米川駅の方に行き、イタリア料理店「N」の前を通った。時刻は9時半ごろだったと思う。ちょうど「N」のマスターが黒板にクギを打ち付けていたところで、互いに「おはようございます」と挨拶。まあ、そのまま通り過ぎるのも何だからと、ちょっと立ち話。  ふと見ると、アルバイト募集の張り紙があるではないか。 「いよいよ人を増やすんですか?」と聞くと、どうやらそうではないらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/18 17:22
そば屋の不思議
 東村山にはそば屋が結構ある。私がブログが紹介した店だけでも19軒ある(2月7日現在)。ほかに思いつく店をあわせると30軒近くあるんじゃないだろうか。  そば屋と言っても、本当にそばだけで勝負している店はほんのわずかだ。ほとんどはカツ丼や天丼などの丼モノや、定食を出している。中にはラーメンや餃子など中華料理を出す店もあり、“町のファミレス”となっている店もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/08 03:09
サービスはどうなる?
 久米川駅南口にあるチェーン居酒屋「K」。昨年4月のオープン当初は注文した飲み物がなかなか出てこなくて、サービスがメチャクチャ悪かったのだが、店長が代わってからというもの、店員教育が浸透したのか、格段にサービスのいい店に変身した。そのことは「東村山グルメ日記」にも書いたが、先日、その店長の個人ブログを見たら、1月末で辞めると書いてあるではないか。  しかもだ、情報によると、以前のオープン当初に務めた店長が復活するのだとか。サービスは大丈夫なのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/03 00:38
舌に残るは「みき」の料理
 早いモノで、「小料理みき」が閉店して1年が経った。マスターとはその後も連絡ナシ。再起をかけてタクシードライバーをやっていると思う。  別に閉店から1年経ったからというワケではないのだが、最近よく「みき」の料理を思い出す。現在、カミさんは妊娠3カ月なのだが、今回はつわりがひどく、食べたいモノがあまりないという。そのカミさんが「食べたい」といつも言うのが、「煮タコ」「豆アジの唐揚げ」「カワハギの肝醤油」など「みき」の料理だ。ないんだよね、こういう料理を出してくれる店って。特に「煮タコ」は皆無と言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/30 10:29
すべてが美味しい店はナシ
 最近お気に入りなのが、久米川駅南口にある韓国居酒屋「C」。ランチでプルコギ、キムチチゲ、スンドゥブチゲと食べたが、すべて美味しかった。特にキムチチゲは豚バラ肉てんこ盛りでコストパフォーマンスもよく、絶賛したくなるほど旨かった。当然、「東村山グルメ日記」でも紹介。記事を見てキムチチゲを食べた人も絶賛のコメントを寄せてくれた。  3回行って3回とも美味しかったので、「この店の料理は旨い」と私の頭の中には情報が刷り込まれた。で、先日、またランチを食べに行き、キムチチャーハンを頼んだのだが、これが大... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/07 06:17
名前、間違えた?
 ネットの知り合いから指摘されたのだが、例の「小料理みき」の後に出来た店、名前は「満洞」ではなく「満月洞(まんげつどう)」というらしい。 「でもなぁ、看板の下には『mangetsu』と書いてあったよ」と思いながら、今朝、店の前を通ると、開店祝いの花が置いてあり、そこには……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/30 10:09
失敗したなぁ
 今月オープンした「D」という洋食屋なんだけど、あまりいい評判を聞かない。私はランチで食べたパスタが美味しかったし、オープンしたばかりという情報性と、隠れ家的な店の立地の面白さから、すぐに「東村山グルメ日記」で紹介した。結構力を入れて記事を書いたからなのか、店の宣伝努力が実ったからなのか、翌週に再び食べに行くと、店内はほぼ満席だった(ちなみに最初に行ったときは、入ってから店を出るまで私1人だった)。  よかったよかったと思いつつ、私はランチメニューにあったサイコロステーキを頼んだ。記事のコメン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/29 15:25
行ってきたよ!
 例のPIZZA&酒の店「満洞(まんげつ)」に昨日の夜、仕事帰りに寄ってみた。行くと、ネットで知り合った友人と八坂駅近くの焼き鳥屋「M」のマスターがいて、楽しく過ごすことができた。隣で飲んでいたかわいい女の子とも仲良くなれたし(と言っても、名前も電話番号も聞かなかったけどね)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/28 14:40
ひどすぎる変化
 東村山の話ではないが、ちょっと今までに体験したことのないようなひどい変化をした店があるので、写真とともに紹介したい。その店とは、新大久保駅から大久保通りを明治通りに向かって600メートルほど進んだ左側にある「鳳雛チムタク(ぽんちゅちむたく)」という韓国料理店。韓国では有名なチェーン店らしく、日本でもこのほかに渋谷に店を出している。「チムタク」という鶏肉と春雨を使った煮込み料理がメインだが、ほかにもビビンバやキムチチゲなどのメニューがある。  この新大久保店は10月ごろにオープンした。私の職場... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/27 01:57
普通なら感じないガッカリ感
 昨日、東村山の日本料理店「H」でランチを食べた。相変わらずいい仕事をしているのだが、ご飯が今ひとつだったのがスゴく残念。少しベチャッとしていたのだ。この店のランチは以前に2度食べているのだが、2度ともご飯は米が1粒1粒立っていて、ツヤがあり、美味しかった。だから私はこの「H」を人に勧める際、必ず「料理も旨いけど、ご飯がメチャ旨」と言っていた。それなのに昨日食べたご飯と来たら……。  思わず店員に「お米、変えました?」と聞いちょったよ。どうやら米は変えていないみたい。ということは、炊き方の問題... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/25 12:23
おいおい、いきなりかよッ!
「さま〜ず」の三村ばりの突っ込みを入れたくなったよ、今朝は。まあ、例の「満洞(まんげつ)」なんだけどさ、まあ写真を見てよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/24 09:56
エッ、エエーッ! イタリアンなの?
 例の「満洞(まんげつ)」なんだけど、まずは写真を見て欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/12/23 10:20
やっぱりラーメン屋?
 もう日課となってしまった「満洞(まんげつ)」ウオッチング。今朝は店内をマジマジとのぞき込んでしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/21 10:30
年内にオープンする気?
 連日ウオッチングしている「満洞(まんげつ)」。今朝は入り口を覆っていたカバーが外れていて、中の様子がチラリと見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/20 23:53
さらにオシャレに
 例の「小料理みき」のあとに出来つつある「満洞(まんげつ)」、今朝見たら、白木の引き戸に色が塗られていた。シックなエンジ色。飾り窓にも同じ色が塗られていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/19 10:04
その名は「満洞」
 どうもこのブログ、放置ぎみだなぁ。東村山の飲食店のことをマジメに考えようとすると、自然に筆が進まなくなる。やはり書くからには言葉を選ばないといけないからね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/17 09:52
こんな店ってあるの?
 先日、私のブログ「東村山グルメ日記」あてにこんなメールが来た。(一部、店名をイニシャルにするなどしています) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2005/12/05 22:59
その後の「小料理みき」
 早いもので「小料理みき」が閉店してから、10カ月が過ぎた。マスターとはいまだに連絡が取れない。頑張っているとは思うが、連絡が取れないのはちょっと寂しい。  夏前ごろから「貸店舗」の看板が出て、玄関には間取りと賃料が明記された紙が張られていた。借り手がなかなか見つからないせいだろうか、賃料はマスターから聞いていた額より1万円低くなっていた。  ちょうど1カ月前ごろ、「貸店舗」の看板が外されていたので「おや?」と思っていたのだが、つい先週のこと、改装工事が進められていた。「小料理みき」の目印... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/21 09:48
「N」再生のアイデア募集
 更新をサボッてすみません。1カ月サボッている間、東村山の飲食事情もいろいろと動いているみたい。私の知る限りでは、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/11/03 02:14
ラーメン屋でのタバコ
 先日、「E」というチェーン展開しているラーメン屋に行った時のこと。最初はカウンターに1人だけだったのだが、左に1人座り、すぐに右にも客が座った。そして両側の2人が注文をするや、いきなりタバコを吸い出した。これには参ったね。さらにタイミング悪く、私の頼んだラーメンが到着。ズズッと麺をすするたびに、鼻と口からタバコの煙が入って、食べるのが辛かった。美味しくなくなるしね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/29 07:00
これは詐欺でしょ
 八坂駅近くのそば屋「K」に先日行ってみた。私が考えたそば屋の法則に照らし合わせると、どう考えてもそばで勝負している店ではない。かと言って、ありきたりのカツ丼や親子丼などを食べても仕方ないだろう。 「何か変わったメニューがあれば入ってみよう」……そう思って表のメニューを見ると、「豚丼セット」という張り紙があるではないか。メニューに「豚丼」を出している店を東村山で私は知らないので、「これは面白い」と思って入ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/27 07:56
レトロと汚いは違う
 先日、「東村山グルメ日記」で久米川の中華料理屋「Y」を取り上げた。外観があまりに怪しくてなかなか入れなかったのだが、そのことを素直に書き、せめて看板くらいキレイにしようよ、みたいなことを書いたら、「そういうのも味があっていいのでは」という意見がコメント欄に寄せられた。  確かに最近は「ボンカレー」や「オロナミンC」のブリキの看板を店内に飾り、ワザとレトロっぽくしている店もある。新横浜の「ラーメン博物館」や、ナムコが手がける「餃子スタジアム」などのフードパークもレトロっぽい造りにしている。「昭... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/30 22:51
壁に耳あり
 ちょっと前の話になるが、久米川駅南口にある中国飲茶の店「K」で中国茶を飲んでいた時のこと。作務衣を来たサンダルばきの中年男性が入ってきた。時刻は午後2時半近くだったと思う。  カウンターに座り、中国人の女性店員と何やら中華料理について熱く語っていた。ちょっと気になったので、中年男性の顔をチラッと見たら、同じく久米川駅南口にある中華料理店「N」の主人だった。店での店員(おそらく奥さんと母親)に対する態度とは全く違っていたが、口調には少し威圧的のナモノが残っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 22:45
そば屋の法則
 法則というほどではないが、食べ歩いて感じたのは、カツ丼やカレー、生姜焼き定食などを出すそば屋のそばは旨くないということだ。まあ、当たり前と言えば当たり前だけどね。しかし、例外もある。久米川駅北口にある「T」のそばは普通に旨いし、多摩湖町の「S」は注文を聞いてから打ち始める珍しい店だったが、見事にマズかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/20 10:30
「R」は閉店したのか
「BIT St.」の久米川駅周辺情報の洋食の項目で、久米川のイタリアン「N」の最初の壁として立ちはだかっていた洋食屋「R」。この店の紹介コメント欄に8月4日、「閉店しちゃったんですよねぇ。すっごく残念です。」というコメントが書き込まれた。私もその少し前から、いつ店の前を通ってもシャッターが降りているから不思議に思っていた。だから、「そうか、閉店しちゃったのか」とそのコメントを見た時は納得したのだが、今は何か違うような気がしてならない。  確かこの店は東村山の違う場所で営業していて、何かの事情で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/19 01:21
客のマナー2
 つい昨日のことだ。  私は食べ歩き取材で萩山のそば屋「M」に行った。ここには平日のみのランチがあるからだ。そんなに繁盛している店ではないので、行ったら案の定、客は誰もいなかった。  で、私がのんびりとランチを食べていると、ある夫婦が入ってきた。外は暑いからダンナは「タイトリスト」のロゴが入ったキャップを、奥さんはチューリップ帽子をかぶっていた。2人は席に座ると、帽子をかぶったままメニューを見始めた。そして注文。  そばが来ても帽子をかぶったままだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/18 11:20
客のマナー
 閉店した洋食屋「R」のことを書こうと思ったのだが、それはまた次の機会にということで、今回は私が応援している久米川のイタリア料理店「N」の話。  先日、カミさんが「N」で食べたいと言うので、子供をカミさんの両親に預けて2人で食べに行った。「地中海サラダ」「アサリとしめじのパスタ」などなどどれも美味しく、楽しい時間を過ごしたのだが、帰り際、マスターにこんなことを言われてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/17 11:12
消えない「みき」の影
 昨夜、「たまには飲み屋も取材しないとなぁ」と久米川の「I」に入った。するとそこに「小料理みき」の常連だったSさんがいるではないか。 「ありゃま、お久しぶりです。Sさん、最近はココで飲んでるの?」という挨拶から始まって、話はごく自然と「小料理みき」の話に……。  このSさん、日本酒が大好きで、日本酒さえ飲めればどこでもいい人だと思っていたのだが、どうやら違ったようだ。「刺身にしろ料理にしろ、『みき』より美味しいところがないから困る」と言う。ここにも1人、「小料理みき」の影を引きずっている人が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/06 07:02
飲食店と家族
 サボり気味ですみません。気が付くと7月は1回しか書いてなかった。これじゃあダメだよね。今月は気合入れて頑張ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/08/03 23:51
水にこだわろうよ
 私が応援している久米川のイタリア料理店「N」は、夜に時々見る限りでは、相変わらず人は入っていない。この「N」と対照的なのが、八坂駅近くに5月にオープンしたイタリア料理店「K」だ。評判は上々。「東村山グルメ日記」にも「美味しかった」というコメントがたくさん寄せられた。  だが先日、仲良くしているご近所夫婦の奥さんが、こんなことを言っていた。 「この間、お友達と一緒に行ったんです。パスタもデザートも美味しくて、お友達も『また来たい』と言ってたんですけど、ただ1つ残念な点があるの。お水なんだけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/07/20 22:34
イメージを覆すむずかしさ
 もっと頻繁に更新しようと思っているのだが、先日、あるコメントを読んで以来、ちょっと考え込んでしまったのだ。コメントを書いてくれた人は素直に自分の気持ちを書いてくれている。悪意など微塵もない。それがわかるだけに、考え込んでしまったのだ。  そのコメントとは、くめさくさんからいただいた次のモノだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/06/28 23:18
個人的に欲しい飲食店
「小料理みき」が閉店してからというもの、美味しい魚料理にありつけないでいる。東村山の日本料理店「H」はおそらく美味しいだろう。新秋津駅と所沢街道の間にある飲み屋「K」が美味しい魚料理を出すと、「東村山グルメ日記」の読者から情報をもらったものの、場所が遠いからいまだに行けないままだ。仮にその店が美味しかったとしても、そうそう通えるモノではない。「H」にしてもそうだ。ちょっと遠い。  できれば久米川でそういう魚料理の美味しい店があればいいんだけど……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/06/22 23:45
本場のイタリアンと懐かしい味
 昨夜、久々にイタリア料理店「N」の前を通った。午後10時ごろだろうか。相変わらず店には誰もいなかった。うーん……。歩きながら私は、以前マスターが話してくれたことを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/22 06:47
見せてはいけない姿
 先日書いた厨房でタバコを吸う寿司屋の主人の話じゃないけど、客として見たくない料理人の姿というモノがある。昨日、私はそういう姿と遭遇した。  朝10時過ぎ、久米川駅に向かって歩いていると、見覚えのある男性が向こうから歩いてきた。イタリア料理店「N」のマスターだ。手には野菜などが入ったスーパー「O」の袋が……。 「おはようございます」と声をかけると、「いってらっしゃい」と答えてくれたが、私は少し悲しい気持ちになってしまった。そして「小料理みき」のマスターとのやり取りを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/16 06:28
なぜだろう?PART3
 このシリーズを引っ張る気はサラサラないのだが、先日、食べ歩き取材をしていて疑問に思ったことがあったので、ちょっと書こうと思ったのだ。その疑問とは……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/13 23:48
なぜだろう?PART2
 今回は地元店ではなく全国チェーンの話なので、店名はイニシャルにしない。  私は「松屋」が好きで結構、利用している。好きが高じてダイエットブログのタイトルにも入れているぐらいだ。東村山市にも「松屋」はあり、久米川、東村山、秋津と駅前に3店舗もある。  ところが、だ。「松屋」のライバルである「吉野家」は東村山市には1軒もない。これってどうしてなんだろう? くだらない話で申し訳ないが、私には不思議でならない。念のために「吉野家」のHPで探してみたが、やはりなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/06/09 22:48
なぜだろう?
 東村山に、と言うより久米川に住み始めて今年で6年目。当初から気になっていたことがあった。それは「久米川には中華料理屋が多い」ということだ。西友の上に1軒、西友と本屋の間の通りに3軒、他にも久米川駅南口周辺だけで4軒ある。これだけ競合していて、なぜ潰れないのだろうか?  特に不思議なのが、西友と本屋の間の通りにある3軒だ。どの店も客が入っている感じはしないのだが、続いている。  理由の1つとして考えられるのは、店を借りているのではなく、持ち家だから家賃の心配がないのでは……ということ。しかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/06/07 23:52
もったいない店
 先日、東村山駅東口の踏み切り近くにある洋菓子店「M」に行ってきた。「東村山グルメ日記」にも書いたが、看板の店名が読めない汚い店で、私は存在を知っていてもずっと無視していた。でも美味しいという話を聞き、行ってみたのだが、確かに美味しかった。特にサンドイッチは絶品。「サンドイッチの主役は食パンなんだなぁ」という当たり前のことを再認識させてくれるサンドイッチだった。  それだけに、あの汚い外観が惜しまれる。あれがもう少し小奇麗なら、私は店に入ってあの美味しさにもっと早く気づいていただろう。もったい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/06 23:38
なぜ武蔵野うどんはウケる?
 昨日、本来降りるべき久米川駅の1つ手前、小平駅で降りてテクテクと遊歩道を歩いて帰宅した。遊歩道は平日でも多摩湖までの散歩を楽しむ人が多く通り、休日ともなればそこそこの賑わいをみせる。当然、その道路わきには飲食店が何軒かあるのだが、小平―萩山間には潰れた店が数軒あり、歩いていて少しビックリした。中には割とシャレたレストラン風の店もあった。「人通りがあるからと言って、繁盛するとは限らないということか」と思って歩いていたのだが、ふとあることに気が付いた。  この遊歩道より人通りがない道沿いに店を出... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/06/03 22:30
結局は料理
 先日、八坂駅近くにオープンしたばかりのイタリア料理店「K」が人気だ。「東村山グルメ日記」でも早速紹介したのだが、コメントの付き方が「N」とは全く違う。どれも「美味しかったです」と好評だ。コメントに書き込むほどだから、かなり気に入った証拠とみていいだろう。  何が違うのだろうか? ランチの値段は似たような設定だ。量も同じくらいだろう。店の雰囲気か? 確かに「K」は小さいながらも明るくこざっぱりしているが、それは補足的な要因だろう。  やっぱり味なのだ。「K」の美味しさはとてもわかりやすい。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/31 23:23
ど真ん中ストライクのパスタ
 昨日、「東村山グルメ日記」の取材のため、八坂駅近くにオープンして6日目のイタリア料理店「K」(正確には「C」だけど、一応ローマ字表記ということで)に行って来た。パスタランチを頼み、「アンチョビとブロッコリーのペペロンチーノ」を注文したのだが、これがまさに私好み。パスタで食べた瞬間、「美味しい」と思う店はなかなかないが、ココはそうだった。  正直に言えば、味は私が応援している「N」より上かもしれない。いや、味どころかすべてにおいて「N」より上かもしれない。男性2人で切り盛りしていて、料理のサー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/29 19:06
冷麺についての考察
 冷麺って、おそらく日本では微妙な位置づけなんだと思う。  私は会社が新大久保にあるため、よく韓国料理店でランチを食べている。で、もともと冷麺が好きなので、時々食べているのだが、大久保界隈で冷麺を食べると必ずと言っていいほど、酢と一緒にカラシが出てくる。酢はわからないでもないが、なぜカラシが出てくるのか? いろいろ考えたけど、冷やし中華が好きな日本人のために添えられるようになったのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/05/28 09:36
どうなるんだろう、「N」
 今夜も帰り道、例のイタリア料理店「N」の前を通った。時刻は午後10時ごろ。  ……お客は1人もいなかった。  まあ、今夜は雨が降っていることだし、飲食店はどこも入っていないだろう。それにしても大丈夫なんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/05/24 23:28
繁盛店の気配り
 先日、カミさんとその妹とともに入間のシネコンへ行き、『炎のメモリアル』という映画を見てきた。映画はジョン・トラボルタの抑えた演技が印象に残ったが、それ以上に印象に残ったのは、映画を見る前に3人で食べた店の店員だ。  入ったのは同じ建物の中にあるチェーンのイタリアンレストラン「C」。私達はピザを1枚と、それぞれパスタを1皿ずつ頼んだ。運ばれてきたピザはまだ切られてなく、店員は「6ピースに切り分けましょうか?」と聞いてきた。こちらが3人であることを確認した上での発言だ。もちろん、こちらに異論はな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/23 06:53
話してきました
 もう最近、私は久米川の駅に降り立つと「N」のことが気になって仕方がない。「今日は入ってるかな?」とそわそわしながら店の前を通っている。  一昨日の午後10時半ごろ、誰もいなかった。  昨日、同じく午後10時半ごろ、やはり誰もいなかった。「なぜだろう?」と私は首をひねりながら、昨日は我慢できなくて店に入った。マスターはいつも通りの笑顔で「いらっしゃいませ」と出迎えてくれた。  この間食べた「本場のカルボナーラ」が忘れられない私は、「また、あのカルボナーラが食べたいなぁ」と言うと、「すみませ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/21 11:14
気になって仕方がない
 一昨日は「N」の前を午後10時半ごろに通った。誰も客はいなかった。  昨日も午後10時半ごろ通ったのだが、店に客はいなかった。  大丈夫なのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/19 01:36
ひょっとして末期?
 久米川駅南口にあるイタリア料理店「N」。何度も登場するから「またかよ」と思う人もいるかもしれない。でも、気になって仕方がないのだ。昨日の仕事帰り、夜の11時半ごろだろうか、店の前を通ると明かりは点いているが、客は誰もいない。入り口をチラッと見ると、マスターがいつでも「いらっしゃいませ!」と言えるように、奥で直立している。府中街道沿いのラーメン屋「M」の店主と違い、客がいないからと言って客席に座ってタバコを吸ったりはしない。それだけでも感心してしまう。  だけどなぜ客が入らないのだろうか? 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/05/17 09:39
こだわりは隠しちゃダメ
 このブログにも何度も登場している久米川駅南口にあるイタリア料理店「N」。私、結構気に入ってしまいました。理由は店長のこだわりがわかったから。この店、話を聞くと、細かいところにまでこだわっているんですよ。  ピザにタバスコは出さないとか、テーブルに粉チーズは置かないとか。聞けば理由は納得なのだが、知らない人には何だか物足りなさを感じてしまうだろう。「物足りない」ぐらいならいいけど、「この店はピザにタバスコを出さないなんて、とんでもない店だ」と店を低く評価する人もきっといるハズだ。  やっぱり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/15 22:53
わかっているなら教えなさい
 以前、「応援したくなる店」として書いたイタリア料理の「N」を覚えているのだろうか。近々また食べに行ってみようとは思っているのだが、今回書こうと思っているのは先日、店長と会話した時に出て来た話だ。  店長はこんなことを言っていた。 「この店をやって一番ビックリしたのは、こっちの人はパスタをシェアしないことですね。4人が違うパスタを注文したら、それぞれが自分の“持ち場”のように自分のパスタだけ食べているんです」  へぇ、そうなんだと最初は流して聞いていたけど、何かだんだん「それって違うんじゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/11 10:31
こだわりの食べ方〜その4
 冷麺って食べたこと、ありますよね? 私は大好きで夏場はよく食べるのですが、大抵、あの中にゆで卵が半個入っているじゃないですか。あれってどうしてます? 「どうするって、そりゃ食べてるよ」  ほとんどの人がこう答えるでしょう。私もそうでした。ついこの間までは。  変わったのは会社の部下と一緒に新大久保の韓国料理店「O」に行ってからだ。この店は冷麺に関しては都内では「一番旨い」と言われていて、わたしは以前から食べたいと思っていた。で、行って食べたら、旨かったのはもちろんだが、食べ方にちょっと感... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/09 09:42
こだわりの食べ方〜その3
 そば屋が多い割に、そばの食べ方にこだわりを見せている店は少ない。私はそのことに常々不満を抱いていたのだが、西武園駅近くにある「G」は唯一そばの食べ方を明示していた。  それによると、まずはそばをひとつまみ、そのままで食べてみる。これでそばの風味と出来具合を楽しむ。  つゆは少しだけつければ済むようになっているので、つけ過ぎないこと。そばの風味とつゆの味を両方楽しむ。このお店の場合はそばの半分くらいをつけるのが目安らしい。  ここまでは私も何となく知っていたのだが、驚いたのは薬味についての... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/08 11:56
この店、応援します!
「小料理みき」が閉店して以来、何となく気持ちに隙間を感じていた私。旨い魚料理を出す店がなくなったということもあるが、それ以上に応援していた店がなくなったということが大きい。きっと私はどこかの店を応援したいんだろうなと思うのだが、応援したくなるような店はなかなかない。先日、書いたイタリア料理の「N」も応援したい店ではあるが、何となく「小料理みき」のようにのめり込むほど本気になって応援する気にはなれない。それはやはり、私が「N」の料理にホレ込んでいないからだと思う。「旨いけど、この値段なら普通かな」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/05/07 09:53
こだわりの食べ方〜その2
 私はとんかつが大好きだが、去年の夏ごろまではソースをブッかけてカラシを付けながら食べることしか知らなかった。食べ方が変わったのは、川越にあるとんかつ屋「R」に行ってからだ。  ユーザーが「あの店は美味しかった」「あそこはマズかった」と評価を書き込むグルメレビューサイトで「R」がすごく高い評価を得ていたので、わざわざ食べに行ったのである。「人気店で客がいっぱいなんだろうな」と思いつつ店に行くと、昼時なのに店内には誰もいなかった。初老の店主が「いらっしゃい」と迎えてくれ、お茶を出してくれた。どう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/06 13:10
こだわりの食べ方〜その1
 私にとって「小料理みき」は、ある意味、勉強の場だったかもしれない。マスターは私にいろいろな食べ方を教えてくれた。  店の看板メニューである煮ダコを最初はワサビと醤油で食べさせ、次に行った時は「今日は塩で食べてみてください」と岩塩で食べさせてくれた。しばらくしてから行くと、「こういう食べ方も美味しいんですよ」とオリーブオイルに塩を入れた小皿と一緒に煮ダコを出してくれた。どの食べ方も美味しかった。  マスターのいいところは、「コレはこうやって食べるモノ!」と決め付けず、「こんな食べ方もあるんで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/05 22:26
食べ方にこだわって欲しい
 料理の美味しい、マズいは、もちろん料理そのもの素材や調理法によるところが大きい。でも私はもう1つ、「食べ方」も重要なのではないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/05/03 11:33
増えてきた食べ物屋の夜間営業
 最初に「おや?」と思ったのは、確かマクドナルドの営業時間の変更だったと思う。今年になってから朝7時からの営業を6時半からにし、閉店時間も午後10時半から11時に変わった。たかが30分ではあるが、マックのやることだ、キチンと市場調査した上で「需要がある」と判断したに違いない。  そして4月に久米川にオープンした定食屋「M」は午後11時まで、寿司ダイニングの「Y」に至っては翌朝6時まで営業するという。新規店だけでなく、既存の店の中にもイタリア料理店の「N」のように従来の営業スタイルを変えて深夜1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/02 09:27
へぇ、へぇ…個人的に満へぇ
 今日たまたま「花まるマーケット」を見ていたら体操のお兄さんで有名な佐藤弘道さんがこんなことを言っていた。 「実家が焼き鳥屋なんですけど、暖簾分けする時、漢字の『焼き鳥』なら鳥、ひらがなの『やきとり』なら豚を扱うって教えられた」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/29 18:18
あえて苦言を呈す
 予告通り、昨夜イタリア料理店「N」に行ってきた。詳細は「東村山グルメ日記」は読んでもらえばわかると思う。でも「東村山グルメ日記」に書いたからと言って、期待通りだったワケではない。店長と話してみて、相当な覚悟で頑張っているのがわかったから、“期待料”込みで書いたのである。  だからココでは頑張って欲しいからこそ、あえて私が気づいたことについて書こうと思う。  まず接客。店長1人だから仕方ないが、それはあとで話をして気づいたこと。普通の客はそんな店の事情なんて知らないし、関係のないことだ。あの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/28 15:31
応援したくなる店
客が入ってないのに、ちっとも改善しようとしない店がある。新メニューを出したり、店のレイアウトを変えたり、看板を変えたりと、いろいろやれることはあるのだが、全然やらない。こういう店はかわいそうな言い方ではあるが、客が入らないのは当然だと思う。  でもこういう店に限って「料理を食べてくれさえすれば、わかってもらえる」と思っていたりする。「小料理みき」がそうだった。 「そう思うんだったら宣伝しなきゃ」とマスターに言って、いろいろやったのだが、時すでに遅し。「小料理みき」は閉店してしまった。こうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/27 10:53
困った店
 ちょうど10日前、mixiで知り合った人たちとオフ会をやり、2次会に有名焼き肉チェーンが経営する「K」という居酒屋に入った。ココは接客がとにかく慇懃無礼だった。丁寧に飲み物の注文を取ったはいいが、それっきり。忘れられたのかと思い、15分後に店員に確認すると、「はい、ただいまお持ちいたします」と返事だけはいい。やっと来てカンパーイ! で、飲み物の追加注文をすると、またそれっきり来ない。これを何度繰り返したことか!  揚げ句の果てには、最初に頼んだ料理について小1時間後に「すみません、こちらの料... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/26 22:46
安易な「おすすめ」
 鷹の道沿いに「A」というそば屋がある。立派な店構えで、昼時にはそこそこお客が入っている。「これは期待できるかな」と思い、私はメニューに「おすすめ」とあった「あなご天せいろ」(だったと思う)を注文した。  出てきたモノを見た時は正直に「おおっ!」とビックリしてうれしくなった。20センチ以上はあるアナゴの天ぷらが2つもドーンと皿に乗っていたからだ。ただ、食べる時になってハタと困ってしまった。そばつゆはあるものの、天つゆがないのだ。仕方なくそばつゆにアナゴ天を付けて食べたが、イマイチ旨くない。これ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/25 08:23
緊張感を持とうよ
 昨日は「東村山グルメ日記」のための食べ歩き取材の日。私は先週食べて、紹介できるかどうかのボーダーライン上だった久米川の小料理「U」へ行ってみた。時刻は午前11時を少し回ったところ。表には「営業中」の看板とランチメニューの看板が出ていた。ドアを開けて入ると……。  この店は入って右手にカウンターがあるのだが、そのカウンターの上には大きく広げられた新聞が置いてあった。正面奥を見ると、店主が後ろ向きで電話をしていた。もちろん客である私がドアを開けたことなど全く気づいていない。おそらく店主は「どうせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/04/24 07:38
寿司屋のプライド
 今、寿司屋は大変な時代だと思う。回転寿司の登場によって、誰でも気軽に寿司が食べられるようになったのはある意味、既存の寿司屋にとってもいいことだった思う。恥ずかしい話だが、私は巻き寿司は食べたことがあっても、握り寿司は高校を卒業するまで食べたことがなかった。腹いっぱい寿司を食べたのは回転寿司が登場してからだ。だから当然、小学生の頃に放映されていたアニメ「ど根性ガエル」でヒロシが梅さんの握るトロを「うめぇ!」と言いながら食べる気持ちがわからなかった。  今は回転寿司のお陰で小さい子供も寿司が食べ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/23 08:55
ウリのない店
「東村山グルメ日記」でいろんな店を紹介してきたが、当然ながら紹介しなかった店もある。そういう店は次の2つのタイプのどちらかだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/04/22 09:59
なぜご飯にこだわらないのか
 先週の土曜、「東村山グルメ日記」の取材として4つの店で定食を食べた。久米川の居酒屋「M」では刺身と煮物の定食、同じく久米川の小料理「U」では海鮮ちらし丼、秋津の居酒屋「U」では刺身定食、同じく秋津の大衆割烹「H」では天ぷら定食を食べたのだが、4店に共通しているのが、ご飯が美味しくないということだ。  別に私はご飯に詳しいワケでもないし、どちらかと言うと普段は気にしない方だ。しかし、食べたモノを見てわかるように、刺身や天ぷらだとご飯の味が比較的ハッキリわかる。で、「どうも美味しくないなぁ」と思... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/21 08:00
厳しい店主
 よく客に厳しい店主がいるが、私はそういう店主は嫌いだし、そういう店には行きたくない。食べ方を知らない客にいらだつ気持ちはわかるが、それはやはり優しく教育しないと。客商売なのだから。  幸いにも東村山市で私はそういう店主に遭遇したことはないが、ただ1人だけ、違った意味で厳しい店主がいる。中華料理屋「N」の店主だ。この人、客には愛想がいいし、優しいのだが、店員の女性(おそらく身内)に対して恐ろしく厳しいのだ。「何やってるんだ!」と半分怒鳴ることすらある。客がいるにもかかわらず、だ。  自分が怒... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/20 04:47
料理人とタバコ
 基本的に料理をつくる人はタバコを吸わない方がいいと思う。しかし、これは個人の嗜好の問題だから、とやかく言うことではないだろう。問題はどこで吸うかだ。  私が気に入っている寿司屋の「K」のご主人、先日食べに行ったら、料理を出し終えたあと、プカ〜っとタバコを吸いながらテレビを見ていた。店が暇だったからかもしれないが、それにしても見えるところで吸わないで欲しいな。特に寿司は、その吸った手で握るんだから余計に見せないで欲しい。せっかく寿司は旨いのに、あの姿を見たら「二度と来ない」と思う人、いるんじゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/19 10:22
不器用な店
 閉店する店もあれば、新規オープンする店もある。先日「T」というオープンしたばかりの店に「東村山グルメ日記」の取材を兼ねて行ってみた。「オープン初日だから込んでるだろうな」と思ったらカウンターに客は1人しかいなかった。私は最初から食べる気で来たからそのまま入ったけど、「この店にしようか、どうしようか」と迷っている人だったら、客1人だときっと入らないだろうな。  店は間口は狭いが奥行きはあり、入ってすぐにカウンターが8席ある。外からはこのカウンター席が見えるワケだ。  私は入ってカウンターに座... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/18 23:50
内容を変えて再開します
「小料理みき」が閉店してもうすぐ3カ月になる。マスターからはその後、何の連絡もない。3月に入って、マスターの携帯に電話すると、アナウンスが「お客様の都合により……」から「現在、この電話番号は使われていません……」に変わっていた。どうやら携帯電話を変えたらしい。別にそれは構わないが、私にとって「小料理みき」はいい思い出なのに、マスターにとって「小料理みき」が“早く忘れたい過去”であるようなのが悲しい。  同じく3月の初め、ついに「小料理みき」の看板がなくなった。わかっていることとはいえ、やはり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/11 05:36
しばらく休みます
 今日で「小料理みき」が実質閉店してから2週間。やはりこのブログの意味をもう一度考え直した方がいいかなと思う。もちろん、これまで書いたことは「小料理みき」の記録として残していくつもり。でもいつまでも過去を振り返っても仕方ない。 「小料理みき」が復活した時、または「小料理みき」のように頑張っているのに客が入らない店を見つけた時、今度こそ何か手伝えるように自分を磨きたい。そのためのブログにしたいと漠然と考えている。  というワケで、タイトルも含め、いろいろ考えたいと思いますので、しばらくこのブロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/01 10:37
付加価値の重要性
「今日はどこで食べようかな」と飲食店を選ぶ場合、本来は料理の良し悪しで決めるハズだ。しかし、価値観の多様化が進む現在においては、料理がうまいかまずいかは絶対的な選択基準にはなり得ない。  例えば価格。料理のレベルが同じだったら、価格の安い店が選ばれるのは当然だ。しかし料理がそこそこ美味しいけど高い店と、料理は今イチだけど安い店だったらどうだろう。やっぱり安い店に軍配が上がるのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/31 10:31
カミングアウト
 わかっている人はもうすでにわかっているだろうけど、私は「東村山グルメ日記」の管理人と同一人物です。でも意識して違う人間が書いているように装いました。それは「小料理みき」の宣伝担当である私が「東村山グルメ日記」で「小料理みき」の料理を取り上げると、素直に「美味しいから」と思われず、「店の宣伝のため」とみられてしまう可能性があったからです。  でももう「小料理みき」は閉店してしまったので、隠す必要もないと思い、カミングアウトすることにしました。  最近、「東村山グルメ日記」の掲示板に、「紹介さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/30 11:15
どうなってるの?
 お別れ会を常連の方にお任せしているのだが、連絡が一向に来ない。おかしいと思ってマスターの携帯に電話すると、「…お客さまのご都合により、現在……」というナレーション。おいおい、携帯電話の料金ぐらい払っておいてよ、マスター。  なるほど、これでわかった。お別れ会の日程を詰めようにも、マスターと連絡が取れなくて保留状態になっているのだろう。マスターにも困ったものだ。そんな状態で引越しなんてできるんだろうか。「商売道具はトランクルームに預ける」なんて言ってたけど、そんな余裕あるんだろうか?  おそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/01/29 09:49
感動した料理〜その3
 ちょっと未練がましいが、このブログの目的として「小料理みき」という美味しい料理を出す店があったことを記録する、ということを挙げていたことを思い出したので、書き綴ってみることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/28 09:41
そろそろケジメを
「小料理みき」の最後の営業が16日だったことを考えると、店が閉まってからもう10日以上経つことになる。もう閉店は決定事項だし、マスターからも直接その話を聞いているのだが、昨日も仕事帰りにフラフラと「小料理みき」の前を通ってしまった。自宅に帰るにはすごく遠回りだというのに……。  いつからだろうか。道路越しに店の様子を見て、客が入っていたら「よかった、よかった」とうれしい気分で帰途に着き、誰もいなかったら中に入って、「マスター、ビールちょうだい」と1杯飲んで帰るようになったのは。話すのはいつも食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/27 10:26
やっぱり場所?
 昨日、仕事帰りに久米川駅北口にある「M」という居酒屋にフラッと入ってみた。メニューを見ると、刺身など魚料理が充実している。「みきみたいだな」と思いつつ、〆サバとあん肝を頼んでみた。どちらもマスターが得意としていた料理で、私も好きだったモノだ。  キレイな器に盛られた〆サバもあん肝も見た目はとても美味しそう。でも食べた瞬間、「うーん」と考え込んでしまった。  サバはメニューには関サバと書いてあった。マスターもよく関サバを使っていたから素材は同じのハズだ。でもどうしてこんなに味が違うんだろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/01/26 01:25
閉店の要因
 閉店の直接の引き金となったのは借金だ。でも、そうなったのは店に客を呼べなかったからである。いただいた常連の方のメールの中にも「場所が悪すぎた」ということが書いてあったりしたが、私は客が入らなかった原因は場所じゃないと思う。  実はマスターも去年の夏までは「ココは場所が悪い」とボヤいていたが、秋ごろから「場所が悪いっていうのは言い訳だよね」と変わってきた。精力的にあの手この手を打ち始めたのはそれからのことだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/25 10:26
マスターの魅力
 昨日も常連の方から、マスター宛てにお礼や励ましのメールが届いた。これもマスターに魅力があったからだろう。  私が「この人、凄いなぁ」とマスターを思ったのは2年前のことだった。その当時も経営は決してよくなかった。でもマスターはこんなことを話してくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/24 06:46
うれしい常連の声
 昨日、ラストメールを常連に送ると、続々と返事が来た。多くは「残念です」という言葉とともに「ご苦労さまでした」というマスターへの労い言葉が書かれていた。中には「迷惑メール!?」と疑ってかかる人もいた。気持ち、わかります。私もどれほど「ドッキリメールでしたぁ」と言いたいことか……。  だけどこんなに多くの人から返事が来るとは思わなかった。これもマスターの人柄だろう。うれしいことだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/23 08:27
最後のメール
 今朝、マスターから電話があった。 「常連さんにメールを打ってください」  書かなければいけないと思っていたが、いよいよラストメールを書く時がきた。さて何を書こう。どういう風に書こう。ぶっちゃけて借金の話をすれば、支援の声が上がるかもしれない……そんなことも考えたが、マスターはもう次に向かって動いている。今さら未練がましいことをしても仕方ない。  私はシンプルに「閉店する」という事実だけを伝えようと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/01/22 10:38
やっぱり本当か…
 昨日の朝、マスターから閉店の話を聞いたというのに、私は夜、仕事からの帰り、トボトボと「小料理みき」へ向かった。ひょっとしてアレは嘘で、白い暖簾がいつものようにかかっているんじゃないか、と。しかし現実は無情だ。店の前に行くと、暖簾はおろか、いつもは出しっ放しにしている黒板も置き看板も無かった。 「小料理みき」が閉店することを受け入れられないのは、ひょっとしたらマスターより私の方かもしれない。  マスターはこんなことを言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/21 11:16
ついに閉店宣言!
 今朝、マスターから「店に来て欲しい」という電話があった。 (ついにその日が来てしまったか……)  私は覚悟して行った。話は想像通り、店の今後についてだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/20 10:24
どうしたんだ!?
今日、早めに会社を出て久米川に戻ってきた。「小料理みき」の様子を見るためだ。 昼間も暇をみてマスターの携帯にかけたのだが、「電波の届かない場所に……」というアナウンスばかり。店にかけてもコールするだけ。心配にならない方がおかしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/19 23:08
嫌な予感
 昨日、夜の10時半ごろ、気になったので「小料理みき」の前を通った。本来、第3火曜は定休日なのだが、今月は休みがちだったのでこの日は営業するとマスターは言っていたのだ。その割には「メールは打たなくていいです」と言うから、定休日じゃないことを告知しなくて大丈夫かなと思い、様子見に行ったのだ。  店は午後11時が閉店だから、「まだやってるだろう」と思って行くと暖簾はすでに下げられて真っ暗。客が入らないと早仕舞いをすることがあるから、ダメだったのかなと思ったけど、店の中まで真っ暗というのはちょっとお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/19 10:39
店の致命的な弱点
「小料理みき」の弱点はありすぎて困るほど多いんだけど、中でも私が致命的と思うのは店のキャパシティーだ。  カウンター5席に4人がけの小上がりが2卓。これだけだ。数字通りに客が入っても13人でいっぱいだが、数字通り入るワケがない。  まずカウンター。1人客が端の座ると、次に来た客は間違いなく1つ空けて座る。つまり1人客ばかりなら3人でカウンターはいっぱい状態になってしまう。4人目の1人客が来た場合、小上がりが空いていたら、マスターは間違いなく小上がりに案内するだろう。狭いカウンターに無理やり詰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/18 10:04
感動した料理〜その2
 昨日に引き続き、「小料理みき」で印象に残った料理を思いつくままに書いてみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/17 07:59
感動した料理〜その1
 宣伝部長を買って出るほど「小料理みき」にハマッたのは、やはり料理がおいしかったからだ。考えてみると、この店で初めて食べたという料理は結構ある。そんな印象に残った料理を思いつくままに書いてみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/16 09:50
庶民感覚と経営感覚
 マスターは以前、飲食店の立ち上げなどプロデューサー的なことをしていた経験があるので、経営に関する考えには「なるほど」と思うことが多々ある。しかし、たまに「おや?」と思うこともある。  例えば料金設定。マスターは「いいモノを使っているから、わかる人なら安いと思うはず」と言うのだが、付いた料金を見ると、私の感覚で言えば「高い」。店がキレイで雰囲気が良ければ、この料金でも商売になるだろうが、小汚い「小料理みき」でこの料金は客が引くと思う……そんなことを一度言ったことがある。それにもっと安くないと東... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/15 12:15
不振だった2004年
 昨年の「小料理みき」は5月までは、付き合い方に問題があったとはいえ、よく来てくれる常連がいたのでソコソコよかった。悪かったのはそれ以降だ。  まず、今までよく来ていた常連が離れていった(これについては「常連との付き合い」を参照)。  次に猛暑だ。ある程度の暑さなら「ビール飲みたさ」で入る客がいたのだろうが、暑さの度が過ぎた。昨年は飲みに行く気力を奪うほど暑かったからね。ましてや「小料理みき」は駅から遠い。常連でもあの暑さの中、歩いて店まで行って飲もうという気は起こらなかったのではないだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/14 10:21
東村山の繁盛店
 東村山市が飲食店には厳しい街とはいっても、繁盛店はやはりある。パターンとしては次の3つだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/01/13 10:36
飲食店には厳しい東村山市
 東村山市と言えば誰もが「♪ひがしむらやぁ〜まぁ〜、庭先ゃ多摩湖ぉ〜」という志村けんの『東村山音頭』(原曲は三橋美智也が歌ってます)を思い浮かべるだろう。そのせいか、「のんびりとした田舎」というイメージを抱く人が多い。もし本当に東村山市が田舎だったら、おそらく「小料理みき」は繁盛していただろう。1人が「おいしい」と思えば芋づる式に血縁・地縁関係の人が客として訪れてくれるからだ。  しかし現実は違う。それは東村山市も練馬区や杉並区、多摩市などと同様に都心で働く人の新興ベッドタウンだからである。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/12 10:02
常連との付き合い
 どんな店にも「常連」がいるものだ。というか、いなければ大抵の飲食店はやっていけない(ファーストフードは別だよ)。店の料理や雰囲気、マスターや働いているアルバイトの女の子など、何を気に入って常連になるかは人それぞれだ。 「小料理みき」の場合、常連になる一番のキッカケはやはり料理だろう。それからマスターの人柄。3番目は珍しい日本酒ってところか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/11 10:08
昨年のみき
 昨年は1月からマスターはヤル気満々だった。「今年こそブレイクするぞ!」と張り切っていた。というのも前年の2003年末ごろから“手応え”を感じていたからだ。  それまでアルバイトで雇っていた女の子に辞めてもらい、マスター1人で切り盛りするようになった途端、マスターは「気が楽になった」という。 「人件費は自分だけだから、いくらでも削れる。それまでは何とかアルバイトの子のバイト料をということが頭から離れなくて、料理の値段の面とかで大胆なことができなかった。でもこれからは自分1人が何とか食っていけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/10 10:02
メール常連
 新規客さえくれば、そのあと、客をリピーターにするのはマスターの仕事……最初、私はそう思っていた。実際、そうなのだが、この「小料理みき」という店はリピートさせるにも、ある程度の宣伝が必要なちょっと特殊な店なのだ。  普通の店の場合、定番メニューがメインになっていて、客は「またあの店の○○が食べたいなぁ」と繰り返しやって来る。寿司屋だったらトロが旨かったとか、玉子が旨かったとか、焼肉屋だったらカルビが旨かったとか。  でも「小料理みき」の場合、客をリピートさせるほどの定番メニューはない。煮ダコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/09 10:42
ネットで宣伝
 宣伝したいけど、お金がない。ならば方法はネットしかない……私はそう思った。で、グルメサイトの「ぐるめピタ」に登録。これは有料だけど月6000円なら、いくらお金がないと言っても出せる範囲でしょう。  次に飲食店の紹介サイトを探して、「小料理みき」の1利用者としてコメントを書き込んだ。「宣伝したい」「応援したい」という気持ちをグッと抑えて、「入りにくい雰囲気」とか「カップルには向かないかも」など冷静に書き込んだつもりだ。  書き込んだのは「ビット・ストリート」と「アスクユー・東京レストランガイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/08 11:59
マイナスからのスタート
 そもそも「小料理みき」は最初からマイナス要因の多い店だった。  まず立地。西武多摩湖線の八坂駅からも、西武新宿線の久米川駅からも歩いて5分はかかる。府中街道沿いとはいえ、駐車場を持っていないからマイカー客は望めない。道路を挟んで隣は小学校だし、狙うとしたら近くに住むファミリー層か、通勤帰りのサラリーマンぐらいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/07 09:48
今日から営業だ
 朝8時50分ごろ、マスターから電話。「今日からやります。いいものを仕入れたので、メールの方、お願いします」とのこと。9時過ぎに店に行くと、熱も下がり、ようやくヤル気が出てきたのか、マスターはなかなかいい顔をしていた。イチ押しのモノを聞いて、私は早速メールを打った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/06 09:57
初日からつまずき
 朝、マスターから電話が来た。今日5日から新年の営業スタートのハズだから、「本日のオススメをメールして欲しい」という電話だろうと思ったのだが、違った。 「風邪がひどくて昨夜も39度の熱が出て、仕入れに行くことができなかったんですよ。だから今日は店を休もうと思って……」  病気なら仕方がないが、聞けば風邪は12月31日からひいていて、営業すると告知していた31日も休んだという。それからずっと寝込んでいたというのだが、普通5日も寝たら直りそうなモノだ。私は自分の部下に「体調管理も仕事のうちだぞ」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/05 11:20

トップへ | みんなの「日記」ブログ

目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜 日記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる