目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS レトロと汚いは違う

<<   作成日時 : 2005/08/30 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先日、「東村山グルメ日記」で久米川の中華料理屋「Y」を取り上げた。外観があまりに怪しくてなかなか入れなかったのだが、そのことを素直に書き、せめて看板くらいキレイにしようよ、みたいなことを書いたら、「そういうのも味があっていいのでは」という意見がコメント欄に寄せられた。
 確かに最近は「ボンカレー」や「オロナミンC」のブリキの看板を店内に飾り、ワザとレトロっぽくしている店もある。新横浜の「ラーメン博物館」や、ナムコが手がける「餃子スタジアム」などのフードパークもレトロっぽい造りにしている。「昭和」はブームかもしれない。でも、私は声を大にして言いたい。

 レトロと汚いは違う、と。

 レトロな店は「オシャレ」という印象を与えるが、単に古くて汚い店は「大丈夫か?」という不安をかき立てる。この差は大きい。
 例えばレトロな店と汚い店が並んでいて、外観以外に何の情報も持ち合わせていない場合、アナタはどちらを選びますか? もしカップルや家族連れならどちらに入りますか?
 答えは明確だ。「オシャレ」という印象は「入ってみようか」という気にさせるが、「大丈夫か?」という不安は「どうしよう」と二の足を踏ませるハズだ。それでも1人なら「チャレンジしてみようか」と思うかもしれない。でもカップルや家族連れなら間違いなくレトロな店の方を選ぶだろう。道連れでチャレンジさせようとは思わないハズだ。

 もちろん、そんなことは私に言われるまでもなく「Y」の経営者も知っているだろう。ならばやはり、せめて破れた幌の看板ぐらいは直すべきだろう。やはり飲食店は古くてもいいけど、汚い印象を与えてはダメだと思う。
 そう言えば、武蔵野うどんの「K」も看板をキレイにした。まあ「K」ぐらいの有名店になると、逆にそのままの方がいいかもしれないけど、通りかかる人すべてが「K」の評判を知っているワケではないから、看板を直したのは正解だと思う。

 それにしても東村山って、外観の汚い店が多い。なぜだろう? それだけ地域に密着しているということなのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
早速行ってきました。感想を一言で言えば「こんな店でよくやっていけてるなぁ」。料理はごく普通で、味的には人にオススメできる点はないように感じました。
「レトロと汚いは違う」という主張は同感です。“きれいで入りやすい店構え”は、飲食店として最低限気を配ってしかるべき要素だと思います。しかし、この「Y」に限って言えば、もはや“外観に気を配るべき”という意見は無意味なように感じます。私が「この外観や雰囲気も含めたすべてが“この店の味”になっている」と述べたのは、この小汚い外観の店が未だつぶれずに細々と営業しているという事実くらいしかこの店の特徴がないからで、これを怖いもの見たさで楽しむくらいしかこの店のウリがないからです。厳しい言い方をすれば、店主が外観や内装に気を配るべき時期はとっくに過ぎている店だと思います。それを何も手をかけずに営業している以上、もはや外野が何を言っても無駄なような気がします。例えが適切ではないかもしれませんが“末期患者には無駄な延命措置をせず、静かに命の灯が消えるのを見守るしかない”というようなカンジがしました。
NELKEN
2005/08/31 02:15
(続き)あと、入口のチラシは、“お客さんに来て欲しい”という店主の願望でもあると思いますが、私には“こんな店ですが一応営業してますよ、店構えはこんなですが安い値段で腹一杯食べれますよ”という免罪符のようなカンジがしました。
いずれにしろ、あの外観であの内装だから、看板だけ張り替えても内装があれじゃどうしようもないし、全部を改装する予算もかけられないなら、あのまま細々と営業していくしかないでしょう。営業努力をしていない(してこなかった)店はどの道淘汰されるべき運命にあるのだし。
こちらで応援なさっているイタリアンの「N」のように“頑張ってるんだけどなかなか客が来ない店”なら、色々なアドバイスも有効だと思います(ついでに言えば「N」の不満点は“テーブルクロス”です。最近はどうか知りませんが、あのクロスの汚さは料理を台無しにしているし、私が最近「N」に行ってない理由のひとつです。こういう印象って割と残るんですよね)。でも「Y」みたいな店には、そこまで肩入れするほどでもないんじゃないかなぁ。この店に「レトロと汚いは違う」という一般論は通じないような気がしました。以上、長々と失礼しました。
NELKEN
2005/08/31 02:28
「Y」に肩入れする気はないのですが、私は末期ガン患者とは思わなかったので、延命措置をした方がいいのではと思ったのです。
また、あのお店の張り紙が気になるという人が私の周りに結構いたので、おそらく東村山全体だともっといるんじゃないかなと思い、極端にローカルな話題だけど「あのラーメンの正体はコレだった!」みたいなノリで旨いマズいに関係なくニュースになるかなと思って記事にしました。
いずれ淘汰されるとは思いますが、頑張る気があるのならもう少しあがいて欲しいと思ってます。だから外観のことを書いたのです。普通の味だけど安くてお腹いっぱいになるなら、需要はありますからね。
マサ
2005/09/01 00:22
「N」のテーブルクロスについては私も同感です。このブログでもそのことを書いたことがあります。
ただ最近は入り口近くの2つのテーブルにはクロスをしていません。そのせいか、以前より清潔感は増しました。
マサ
2005/09/01 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
レトロと汚いは違う 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる