目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 見せてはいけない姿

<<   作成日時 : 2005/06/16 06:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 先日書いた厨房でタバコを吸う寿司屋の主人の話じゃないけど、客として見たくない料理人の姿というモノがある。昨日、私はそういう姿と遭遇した。
 朝10時過ぎ、久米川駅に向かって歩いていると、見覚えのある男性が向こうから歩いてきた。イタリア料理店「N」のマスターだ。手には野菜などが入ったスーパー「O」の袋が……。
「おはようございます」と声をかけると、「いってらっしゃい」と答えてくれたが、私は少し悲しい気持ちになってしまった。そして「小料理みき」のマスターとのやり取りを思い出した。

********************

 常連メールの打ち合わせをしに、「小料理みき」へ行ったある日のこと。マスターは仕込みの手を止め、「しまった! 水菜を買ってくるのを忘れた!」と言うなり、店を出ようとした。「どこで買うの? 買って来ようか?」と私が言うと、「いえ、この近くじゃ買わないつもりです。車で小川の方まで行って買って来ますよ」とマスター。
 近くにスーパーがあるのに、何でそんな面倒なことをするのだろう。そう思った私は、マスターに理由を聞いてみた。
「この店の近くだと、お客さんに見られるかもしれないじゃないですか。そうすると『何だ、あんなところで買ったモノを使ってるんだ』と、お店が安っぽく見られちゃうんですよ」
 そう言うと、マスターは表に停めていた車に乗って買い物に行ってしまった。この時、私は「そんなの自意識過剰だよ。そんなところで見栄を張らなくてもいいのに」と思って、ちょっと呆れながらマスターを見送った。

********************

 実際に店の主人が近くのスーパーの買い物袋をブラ下げて歩いているのを見た時、私は初めて「小料理みき」のマスターが言っていたことが理解できた。どんなにイタリア本場の味にこだわろうが、使ってい野菜が近くのスーパーで買っているモノとわかってしまったら、すべてが安っぽく思えてしまう。「本場の味? 何言ってるんだい。このブロッコリーはそこのスーパーで買ったモノなんだろ。もっと料理の値段、安くしてもいいんじゃないの」と、まるでヤクザの揚げ足取りのような論理だが、そんな風に思えてしまう。
 市場で姿を見かける分には問題ないだろう。「ちゃんとこういう所で仕入れてるんだ」とかえって見直すハズだ。客も利用しているスーパーで買うから問題なのだ。

「うーん、あんな姿、見たくなかったなぁ」と思いながら私は電車に乗った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たまに焼き鳥の旨い「W」でも、駅前スーパーで買い物してたりするんですよ。やっぱり良い気分じゃないですね。家で食ってるのと同じものを店で出されてるって思うと。
何かせめてビニール袋じゃなくて、ダンボールに入れて運ぶとか、演出って程じゃないけど気配りは欲しいですね。
食幸
2005/06/19 16:57
エーッ、「W」は駅前スーパーで買い物してるの! それはショックだなぁ。買ってもいいけど、配達させるなり、何か気配りが欲しいですね。
マサ
2005/06/20 12:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
見せてはいけない姿 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる