目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ武蔵野うどんはウケる?

<<   作成日時 : 2005/06/03 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 昨日、本来降りるべき久米川駅の1つ手前、小平駅で降りてテクテクと遊歩道を歩いて帰宅した。遊歩道は平日でも多摩湖までの散歩を楽しむ人が多く通り、休日ともなればそこそこの賑わいをみせる。当然、その道路わきには飲食店が何軒かあるのだが、小平―萩山間には潰れた店が数軒あり、歩いていて少しビックリした。中には割とシャレたレストラン風の店もあった。「人通りがあるからと言って、繁盛するとは限らないということか」と思って歩いていたのだが、ふとあることに気が付いた。
 この遊歩道より人通りがない道沿いに店を出していながら、武蔵野うどんは繁盛している……ということに、だ。
 その典型例は西武遊園地駅近くの線路沿いにある「Y」だ。ハッキリ言って人通りはほとんどない。しかも店は道から奥に引っ込んでいる。しかし、午後1時半から2時ごろになると麺が売り切れて店じまいしてしまうほどの人気だ。一体、なぜなんだろう?

 昔からあるから? 「Y」は比較的、最近できた店らしいから、これは違うだろう。
 うどんを食べる土地柄だから? ある程度は当たっているだろうけど、うどんなら何でもいいワケではないようだ。その証拠に府中街道沿いにあるチェーンの讃岐うどん店は苦戦しているからね。
 安いから? 確かに洋食や普通の定食を食べるよりは安い。でも安さだけなら、チェーンの讃岐うどん店の方が安いハズなのだが、こちらはイマイチ繁盛していない。
 地元の人に愛されているから? 確かにそれはあるだろう。しかし、仮に「Y」が私の家の近くにあったとして、私はどれくらいの頻度で行くだろうか。せいぜい週1回、よく行って週2回というところじゃないだろうか。だとすれば、かなりの常連が必要となる。それとも「Y」周辺の人々はほぼ毎日うどんを食べるというのだろうか?

 本当に不思議で仕方がない。武蔵野うどん店の人気の秘密がわかれば、東村山における飲食店成功のカギが見つかるのではないだろうか? そんな気がしてならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
前にテレビでやってたんですが、昔は各家庭で打たれていたようですね。
Kとかたまに行くんですけど、皆さんの食べる量に圧倒されます。この間なんか8玉頼んでた人がいて、驚いたのなんの。
食幸
2005/06/04 15:29
確かに昔から住んでいる人たちにとって、武蔵野うどんはなじみのある食べ物です。でも、あの繁盛振りはちょっと異様です。食べに来るのも昔からの地元民だけではありません。一体、武蔵野うどんの何がそんなに人をひきつけるのでしょうかね。

8玉は別に驚きに値しません。調子のいい時であれば私ですら食べられますから。
マサ
2005/06/04 17:46
1部マスコミ等であおってるのもありますが・・・・
私が感じるのは、ここら辺の武蔵野うどんって空気みたいなモンでしょう。
極端に意識する食べ物ではなく、自然にそこにある食べ物で生活密着型かな
大抵のお店は自分のキャパを超えないで自然体でお店をやっていますよね。



きりあ
2005/06/05 06:48
私は東村山育ちですが、両親は中部出身で東村山には親戚はいません。
「武蔵野うどん」という名称を聞くようになったのは、マスコミで取上げるようになってからですね。それまではそういういいかたするって知らなかったです。
ほんとに数年前。
NHKのおはよう日本の土曜日で、東村山へきて武蔵野うどんを探索するみたいのやっていて、それでへぇー・・って思ったぐらいです。うどん屋さんがあるのは知ってましたけど。

現在東村山に住んでいるほとんどの人は、うちの両親みたいに昭和40年代50年代にやってきた人だと思うので、そういう家庭では家でうどん打つこともないし。あまりうどんとは縁がなかったとおもうんです。

東村山の農家では結婚式の時にうどん打ってたときいたことはあります。
最近、こうやって話題になるより前は、野口町の方に有名な手打ちうどんのお店があるっていうのと、所沢にうどんの人気店がけっこうあるということぐらいでしたねぇ。

ぽてめい
2005/06/05 17:59
東村山に昔から住む人にとって、武蔵野うどんはなじみ深いモノだということはわかります。でも、そういうことと、武蔵野うどんのお店が繁盛していることは必ずしもつながりません。なぜなら、毎日うどんを食べるワケじゃないから。いくらなじみ深いと言っても、多くてせいぜいが週1回食べる程度ではないでょうか。
それは新たに東村山に住むようになった人でもそうだと思う。近所にあるから食べに行ったら美味しかった……ここまではよくある話だ。じゃあ、美味しいからと言って毎日食べるワケじゃない。やはり週1程度じゃないだろうか。
そうだとしたら、連日「売り切れ御免」状態になるには、かなりの常連客を抱えなくてはならないハズ。それができているのが凄いのです。
それだけの常連客を抱えられる要因は、「地元になじみ深い食べ物である」「マスコミでも取り上げられている」……これだけじゃない気がしてなりません。
マサ
2005/06/05 21:27
ときへ行ったときは、平日の昼でした。来ていたお客さんは東村山駅付近の銀行や信金あたりに勤めているかんじのグループ、営業でまわっている人が車やバイクで、あと工事現場から食事にきた人でした。
池袋でサラリーマン生活長かった父がいうには、お腹いっぱいになって、そこそこ安くて、おいしいからこういう男の人達に人気があるんだろうと・・・
30代ぐらいまでの人はみんなすごい盛りで頼んでましたね。
他のもっと駅から遠いところとかってどうなんでしょ?あと土日とかは。
ぽてめい
2005/06/05 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ武蔵野うどんはウケる? 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる