目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS この店、応援します!

<<   作成日時 : 2005/05/07 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「小料理みき」が閉店して以来、何となく気持ちに隙間を感じていた私。旨い魚料理を出す店がなくなったということもあるが、それ以上に応援していた店がなくなったということが大きい。きっと私はどこかの店を応援したいんだろうなと思うのだが、応援したくなるような店はなかなかない。先日、書いたイタリア料理の「N」も応援したい店ではあるが、何となく「小料理みき」のようにのめり込むほど本気になって応援する気にはなれない。それはやはり、私が「N」の料理にホレ込んでいないからだと思う。「旨いけど、この値段なら普通かな」と思ってしまうのだ。
 でも、ようやく見つけました。心底、応援したい店を。
 それは東村山にある日本料理店「H」だ。以前にランチを食べて旨いと思っていたのだが、つい昨日、また食べに行ってホレてしまった。ご飯も旨いし、1つ1つの料理にちゃんと手がかけられている。特に昨日食べたなかで美味しかったのはタケノコの煮物。色が変わるほどしっかり味が入っているのに、タケノコの香り、しかも焼いたような香ばしさが口の中に広がる。
 でも店内の客は私1人。以前に来た時も、私以外に2人しか客はいなかった。決して値段は高くないと思う。食べてみればそう思うハズなのだが、やはり一番安いランチが1050円だと客は引いてしまうのだろうか。
 もしこのブログを読んでいる人で、東村山市に住んでいる人だったら、一度ランチを食べに行ってみて欲しい。きっと美味しいと思うハズだから。
 昨日は夜のメニューもチェックしてみたけど、これが極端に少ない。定番メニューのほかに壁にオススメ料理が張り出されているのだが、それを合わせても20種類ぐらいだろうか。飲み屋としてはかなり少ないが、逆に言えば手抜きの料理はないということかもしれない。そう言えば「小料理みき」も料理の数は少なかった。「気合の入った料理を出そうと思ったら、どうしても少なくなっちゃうんですよ」というマスターの言葉を思い出す。
 料理は旨いのに客が少ない……「小料理みき」と被ってしまうからかもしれないが、私はこの「H」をこれから応援しようと思う。

「H」ってどこ? という人、「東村山グルメ日記」を見てください。それを見れば店名はわかりますが、このブログではあえてイニシャルにします。それは私自身、この店への苦言を書こうと思っているし、「このお店、ダメじゃん」という人にその理由を書き込んで欲しいと思っているからだ。
 ちなみに今、私が「H」に対して嫌だなと思っていることは、貧相な箸袋と茶碗蒸しに銀杏が入っていないことの2点だが、料理はそれを補って余りある。
 よーし、応援するぞ! まずは夜、飲みに行ってみよう。誰か付き合いませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ぶらっと行ってみます。何が売りなのか気になりますし。
ただ東村山でランチ\1,000〜っていうのは、やっぱり引きますかね。美味しそうなんだけど。
食幸
2005/05/07 16:46
やっぱりそうか……そうですよね。
でも食幸さんなら、食べたらきっと納得すると思いますよ。
マサ
2005/05/07 17:43
このブログを参考に、本日行ってきました。昼の12時で満席!アレッ繁盛してる?感想は”旨い”に尽きます、ただ箸だけは貧相で場末のラーメン屋のよう料理が絶品のため余計に違和感がありました。
take4
2005/05/13 15:15
そうですか、満席でしたか。それはよかった、というか、あれだけの料理を出しているのだから、当然でしょう。
で、やはり箸に違和感を覚えましたか。店の名前を印刷した箸袋と、もう少し質のいい箸を使って欲しいですよね。器にもこだわりを見せているのだから、余計にそう感じてしまいます。
マサ
2005/05/13 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
この店、応援します! 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる