目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ど真ん中ストライクのパスタ

<<   作成日時 : 2005/05/29 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、「東村山グルメ日記」の取材のため、八坂駅近くにオープンして6日目のイタリア料理店「K」(正確には「C」だけど、一応ローマ字表記ということで)に行って来た。パスタランチを頼み、「アンチョビとブロッコリーのペペロンチーノ」を注文したのだが、これがまさに私好み。パスタで食べた瞬間、「美味しい」と思う店はなかなかないが、ココはそうだった。
 正直に言えば、味は私が応援している「N」より上かもしれない。いや、味どころかすべてにおいて「N」より上かもしれない。男性2人で切り盛りしていて、料理のサーブも男性がするお店はおそらく東村山にはないのではないだろうか(あっ、待てよ。確か「T」がそうだったかな)。小さい、こぢんまりとした店なのだが、ただそれだけのことで、ほのかに他とは違う高級感が漂う。
 名作ドラマ『王様のレストラン』を引き合いに出すまでもなく、ウェイターのいるレストランはシャレている。何よりも「料理で勝負している」という感じがする(かわいいウェイトレスがいるから食べに行くってことはないワケだから)。「N」も夜はマスター本人が料理を運んでくれるが、やっぱり違うんだよね。それは単に「人がいない」というだけで、店の経営状態がすすけて見える。こぢんまりとした店なら好印象を与えるかもしれないが、あのキャパの店だと、何となく「人件費を抑えないといけないんです」みたいなマスターの心の声が聞こえてきて、悲壮感すら感じてしまう。
 というワケで、「N」と同時に私は「K」も応援します。でもこの「K」、私が応援するまでもなく、すぐに東村山で一番のイタリア料理店になるでしょう。何しろ美味しいから。まだオープンしたばかりで客は少ないけど、逆に言えば、今のうちに行っておいた方がいいかも。そのうち事前に予約しないと入れなくなるような人気店になるだろう。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 例の「N」ですが、「BIT St.」の久米川駅周辺情報の「洋食」項目を見ると、早くも「N」をすすめる人の数が「8人」になっていた。これにはビックリ。でも「N」が美味しいというより、『打倒「T」』ということで「おすすめ」ボタンを押した人もいたりして……。まあ、理由は何でもいいや。後押ししてあげてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ど真ん中ストライクのパスタ 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる