目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ひょっとして末期?

<<   作成日時 : 2005/05/17 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 久米川駅南口にあるイタリア料理店「N」。何度も登場するから「またかよ」と思う人もいるかもしれない。でも、気になって仕方がないのだ。昨日の仕事帰り、夜の11時半ごろだろうか、店の前を通ると明かりは点いているが、客は誰もいない。入り口をチラッと見ると、マスターがいつでも「いらっしゃいませ!」と言えるように、奥で直立している。府中街道沿いのラーメン屋「M」の店主と違い、客がいないからと言って客席に座ってタバコを吸ったりはしない。それだけでも感心してしまう。
 だけどなぜ客が入らないのだろうか? 「N」を見ていると、閉店する半年前の「小料理みき」を思い出す。客を呼ぶためにいろいろあがいたあの頃を。あの“あがき”をせめて1年前からやれば状況は変わっていたかもしれない。
「N」も営業時間を延長したり、メニューを見直したりといろいろしているが、経営状態的には現状はどうなのだろうか? 余裕が多少なりともあればいいのだが、苦しければ「小料理みき」の時と同じ末期状態と言えるかもしれない。つぶれて欲しくないなぁ。どういう応援が有効なのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
立地条件ですかね。人がどのくらい通るのでしょうか。そこを通る、おそらく帰路を急ぐ人達がどのくらいイタリアンに振り向くのか。
土日や祝日等はどうされてるんでしょう。イタリアンってカップルも良いですが、家族での食事というイメージがあります。どうでしょうか、家族向けセットなんか。皆でシェアしてワイワイガヤガヤと。
すみません、思いつきで根拠はありません。でも何か一人でイタリアンってイメージ湧かないもので(マサさんは除く)。
食幸
2005/05/17 23:42
飲食店が密集しているところだから、立地は悪くないと思います。
確か日曜が定休日だったんじゃないかな。
もちろんターゲットの客層はカップルや家族、グループだと思います。
でも入っていないのは、私が思うに「高い店」というイメージが定着してしまったからではないかなぁ。もう少し、こだわりを前面に出して、「高いけど本場のイタリアンにこだわっている店」という付加価値のあるイメージが広まれば、客は入ると思うんだけどねぇ。
マサ
2005/05/18 05:57
愛知にいくと、「え?こんなところに?」っていうようなところ(例:住宅地の真ん中、郊外の何もない所の道沿い)に、イタリアンとかのお店があって、どこもけっこう入ってるんですよ。

愛知の人は、けっこう外食好きだとおもんで、そのあたりも多摩の人とはちがうとおもうのですが・・
でも、入っている店は、ランチに力いれていて、多少高くてもおいしければお客さんいきますね。
特に女性客。
ペアランチや、ペアディナーってお得なメニューがあって、デザートも力いれてるところが多いです。
小さくてもこじゃれた店がおおいし。

なんかしら「ウリ」があって、石窯ピザです!とか、リゾットならうち!みたいな。
口コミ&ミニコミ誌で、広まるパターンが多いみたいです。
あと、地域情報のサイトでの投稿とか・・・

もっと「こだわり」を主張したほうがいいとおもいます。
お店の前にメニューと一緒にだしてみるとか・・・日曜やすむのであったら、土曜日のランチとディナーは得に力いれるとか・・。
一度いって試してみたいけど、私の場合なかなかそれもできず・・・

マサさんの話を読んでいると、もったいないなぁと思うのでした。
ぽてめい
2005/05/18 22:20
東村山の人が地元の飲食店を利用する場合、今までは美味しさじゃなくて、とにかく「安さ一番」だと思う。でも最近は少し変わってきているような気がします。安さがウリの居酒屋「I」の客足が落ちているのがその証拠。不景気で旅行とかできなくなった代わりに、身近なレジャーとして「地元グルメ」が見直されているような気がします。
だとすれば、「N」にとっては今が大チャンス。こだわりをメニューやちょっとした張り紙、机上のディスプレイでアピールすればリピーターが増えると思うんだけどなぁ。
あとは、ぽてめいさんの言うようにランチに力を入れることですね。ただしコンセプトは「ディナータイムに来てもらうための宣伝」。つまり高くするのではなく、「エーッ、これでこの値段なの!」と見た目でビックリさせるようなお得感を与え、食べてみて「何これ、美味しい」と驚かすようなランチです。
コストを度外視して800円台でメインはパスタ(3種類から選ばせる)、サラダとパン(もしくはスープ)、そしてコーヒーとドルチェ。
表に見本でも出して「ランチ880円」と表示すれば、女性層にアピールできるでしょ。
何とか頑張って欲しいなぁ。
マサ
2005/05/18 23:37
ランチはもちろんマサさんが言う通りでディナーへきてもらうための布石です。(^-^)
愛知のもそうですね。夜はペアディナーで3000円から5000円ぐらいのお店は、昼は800〜1300円ぐらいです。
オムライス屋さんがけっこう愛知では人気で、ブランドたまごを使っていて、それで800円から1200円ぐらいのランチでも、住宅地内にある人気店は、待たないと入れません。

愛知は、外食が盛んなので比べられるかといえば東村山あたりとは違うんですが・・・
でもランチで880円だったらおいしいもの食べたい!って女性層に阿イーるできると思いますよ!
おいしければ、夜も行ってみたくなるし。
そして、マスターがお客さんに「ウリ」をちゃんと説明することですね。そしたらこれだけこだわりのマスターの店ですから、夜いってみたくなるとおもうんですよ。

がんばってほしいです!
ぽてめい
2005/05/19 00:02
余計なお世話だけど、今度食べに行った時、マスターに話してみようかな。でも、もう少し様子を見ようかなぁ。
うーん、悩むなぁ。
マサ
2005/05/19 01:00
私は・・早いほうがいいとおもうのですが・・
実際お店にいったこともないのに、すみません。
マスターはこんなにもマサさんが気にかけていること気付いているかな??
ぽてめい
2005/05/19 22:26
やはり早く話した方がいいですか。
近いうちに食べに行ってみるかな。
マサ
2005/05/19 22:38
思い出した・・・!
またまた愛知ネタですみません。愛知の某市で人気のパスタ&ピザのお店にいったときのことです。
紙のランチョンマットというか、シートありますよね?テーブルの上においてあるの。
そこに、色々お店のこだわりとかが書いてあるんです。あと、感想もかけるようになっていました。
もちろんテーブルには鉛筆が1本用意してありました。

料理を待っている間、そこに書いてある事をよんだりすると、次にきたらこれを頼んでみようかな?とかそんな気にさせるんですよね。

たとえば、マスターのこだわりがカルボナーラなら、カルボナーラに関するこだわりを書いてみた紙をテーブルに置いてみてもいいし。

やっぱりアピールしないと、なかなか通じないものです!
こだわりの店なら、こだわりをアピールしてほしいし!(^-^)
ぽてめい
2005/05/20 23:57
ランチョンマットはいいアイデアですね。

>料理を待っている間、そこに書いてある事をよんだりすると、次にきたらこれを頼んでみようかな?とかそんな気にさせるんですよね。

そうそう。それが重要なんですよ。昨日、さんざん私もマスターに話しました。少しはその気になってくれたかな?
マサ
2005/05/21 14:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひょっとして末期? 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる