目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜご飯にこだわらないのか

<<   作成日時 : 2005/04/21 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先週の土曜、「東村山グルメ日記」の取材として4つの店で定食を食べた。久米川の居酒屋「M」では刺身と煮物の定食、同じく久米川の小料理「U」では海鮮ちらし丼、秋津の居酒屋「U」では刺身定食、同じく秋津の大衆割烹「H」では天ぷら定食を食べたのだが、4店に共通しているのが、ご飯が美味しくないということだ。
 別に私はご飯に詳しいワケでもないし、どちらかと言うと普段は気にしない方だ。しかし、食べたモノを見てわかるように、刺身や天ぷらだとご飯の味が比較的ハッキリわかる。で、「どうも美味しくないなぁ」と思ったワケだ。
 でもそう思う自分が最初は不思議だった。そんなに舌が肥えているワケじゃないのに……と考えてふと思った。よくおやつ代わりにコンビニのおにぎりを食べるのだが(だからダイエットできないのだ…反省)、コンビニのおにぎりはご飯にかなりこだわっている。いつの間にか美味しいご飯に慣れていたいたのだ。
 まあ、それはいいとして、なぜ美味しいご飯を出してくれないのだろうか。「ご飯じゃ客は呼べない」という考えは一理ある。ご飯にこだわらない分、値段を安くできるというのがおそらく一番の理由だろう。
 でも私のようにいつの間にかご飯に対して舌が肥えている人って多いと思うんだよね。だとしたら、もう少しこだわってもいいんじゃないだろうか。
 そういう意味で、東村山で今時珍しく「日本料理」と看板を掲げた「H」で食べたご飯はすごく印象に残った。ピカピカで程よい炊き加減、そして旨い。一番安い定食は1000円で、東村山相場からすれば高いが、私はこの定食なら毎日でも食べたいと思った。
 今の時代、これほどご飯にこだわらない店が多いのなら、逆にご飯にこだわれば客が呼べるかもしれない。もっとご飯にこだわって欲しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お店の詳細、イニシャルは書けませんが・・・
お米にサラダオイルとお酒を添加して出しているお店があります。
ぴかぴかのお米で見た目も良く、酒で甘みを増すので安いお米でも
炊きたては美味しく感じるはず。
ようはお店の出し方次第でお客をだますことは可能でしょう
お米
2005/04/22 20:42
それはアリですね。
とにかく他とは違うひと工夫が、繁盛店になるかどうかの分かれ道だと思います。「だます」と言うと語弊があるけど、「客をもてなす気持ち」がそういう工夫を生み出すモノだと私は思います。
マサ
2005/04/22 23:01
「ひとくふう」っていう言い方もありますよね?(^-^;;

炊き方を工夫すれば、おいしく食べられるんだけどなぁ・・・
別に高いブランド米じゃなくても、そこそこに。
こっちはお米がまずいので、日本へ帰るとごはんおいしくてうれしいです。
ぽてめい
2005/04/22 23:19
ひと工夫って大事ですよね。
でも、ご飯に関して言えば、炊き方にしろ何にしろ、こだわってない店が多いですね。ベチャッとしたご飯を平気で出す店がありますから。
うなぎ屋さんは総じてご飯が美味しいですね。
マサ
2005/04/23 05:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜご飯にこだわらないのか 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる