目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS あえて苦言を呈す

<<   作成日時 : 2005/04/28 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 予告通り、昨夜イタリア料理店「N」に行ってきた。詳細は「東村山グルメ日記」は読んでもらえばわかると思う。でも「東村山グルメ日記」に書いたからと言って、期待通りだったワケではない。店長と話してみて、相当な覚悟で頑張っているのがわかったから、“期待料”込みで書いたのである。
 だからココでは頑張って欲しいからこそ、あえて私が気づいたことについて書こうと思う。
 まず接客。店長1人だから仕方ないが、それはあとで話をして気づいたこと。普通の客はそんな店の事情なんて知らないし、関係のないことだ。あのキャパの店では、1人で全部仕切るなんて無理だ。早急にアルバイトを入れるべきだろう。
 次に値段。飲み物の値段は妥当だが、食べ物がまだ少し高い。原価の問題もあるだろうが、それぞれもう100円ずつ安くならないものだろうか。そして、できればオリーブやピクルス、チーズなどサッと出てくる500円以下の料理が欲しい。
 細かいことだが、テーブルクロス。これに染みが結構ついているのが気になった。女性客を呼び込みたいなら清潔感は重要だ。マメに替えるのはむずかしいだろうが、ランチ前とディナー前の1日2回は最低でも替えるようにしてほしい。

 いろいろ書いたが、店長はいい人だし、頑張って欲しいなぁ。
 店長によると、久米川駅南口にイタリアン・ファミレス「P」ができてから、主婦層を取られてしまったという。「向こうはドリンクバーがあるから、おしゃべりしながら長居するのにいいみたいなんです」。そう話す店長の表情からは「味なら負けないのに」という悔しさがにじみ出ていた。そういった悔しさと危機意識が今回の営業スタイルの転換のキッカケとなったのだろう。
 夜中にパスタやピザが食べたくなったら、ぜひ「N」へ行ってみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど・・・
とりあえず自分で行ってみるしかないですね(^ ^;
百聞は一見にしかずってことで・・・
めた
2005/04/28 15:47
そうですね。まずは行って食べて、判断してください。
マサ
2005/04/28 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
あえて苦言を呈す 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる