目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS マイナスからのスタート

<<   作成日時 : 2005/01/07 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 そもそも「小料理みき」は最初からマイナス要因の多い店だった。
 まず立地。西武多摩湖線の八坂駅からも、西武新宿線の久米川駅からも歩いて5分はかかる。府中街道沿いとはいえ、駐車場を持っていないからマイカー客は望めない。道路を挟んで隣は小学校だし、狙うとしたら近くに住むファミリー層か、通勤帰りのサラリーマンぐらいだ。

 次に店名。「小料理」というのが、まず怪しげだ。和風スナックを思わせ、さらに「みき」と付くから、「みき」という名のママさんがやっている飲み屋というイメージを与える。

 さらに場所に染み付いたイメージ。これがかなり足を引っ張っている。「小料理みき」の前に3人の経営者がスナックみたいな一杯飲み屋をやって、いずれも1年ほどで店を閉めていったのだとか。土地の人間からすれば、店がコロコロ変わる場所というイメージができているハズだ。

 最後に内装。居抜きで入ったのだろうが、カウンター5席に小上がり2卓では小さいし、またお世辞にもキレイとは言えない。

 これだけマイナス要因を抱えて繁盛店になろうってのは、虫のよすぎる話というモノだ。それでもオープンして今年で4年経とうとしている。ここまでやってこれたのは、どんなに苦しくても魚の質を落とさず、気力だけでやってきたマスターの力だろう。実際、初めてきた客は口を揃えて「こんな場所でこんな美味しい魚が食べられるとは思わなかった」という。そしてこうも言う。
「いやあ、前から気になっていたんだけど、なかなか入れなくて……入るまでに半年かかったよ」
 マスターによると、中には1年間、気にし続けてようやく入ったという人もいるらしい。そういう話を聞くたびに、「宣伝が必要だ」と私は思った。で、私はどうしたか?
 続きは明日書きます。

********************

 マスターからの話では、初日はまずまずの客入りだったという。「病み上がりだから仕込みもあんまりできなかったし、初日から1人も来なかったらどうしようかと思った」とマスターもホッとした様子だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイナスからのスタート 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる