目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 感動した料理〜その3

<<   作成日時 : 2005/01/28 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ちょっと未練がましいが、このブログの目的として「小料理みき」という美味しい料理を出す店があったことを記録する、ということを挙げていたことを思い出したので、書き綴ってみることにした。

◆カワハギの肝醤油
 カワハギの刺身そのものは食べたことがあった。でも、これはカワハギの肝が添えられていて、肝を少しずつ醤油に溶かし、それに刺身をつけて食べるようになっている。初めて食べる食べ方だったが、すぐにハマッた。肝の甘さと醤油の味、弾力のあるカワハギの刺身、それが一緒になって口に入ると、たまらなく幸せな気分になる。「こんな美味しいものがあったんだ」とうれしくなったね。

◆白子ポン酢
 どこの居酒屋でも冬場になると置いてあるが、白子ほど味の良し悪しがハッキリわかるものはない。ちゃんと下処理していないと茶色の筋が残るし、鮮度が落ちるとすぐに臭みが出る。鮮度にこだわったマスターは2003年の冬、マダラを丸々1匹仕入れててきた。中にはたっぷりの白子。普通に市場で買う白子はすでに取り出してあるものだから、空気に触れていてその時点で鮮度は少し落ちている。だが店でさばいて取り出せば、鮮度は抜群だ。マスターから「いい白子が入りました」という連絡を受けて食べた白子ポン酢は、もう最高だったね。ポン酢も自家製で白子の甘みをうまく引き出していたよ。

◆白子コロッケ
「白子は足が早い(鮮度が早く落ちる、腐りやすい)から」とマスターが考え出したメニュー。少し鮮度が落ちて白子ポン酢で出すのは厳しいという白子を単純にコロモをつけて揚げただけなんだけど、これがバカウマ。甘さが増し、しかもクリームコロッケのようにトロッととろけ出る。白子ポン酢はちょっとした店に行けば美味しいものが食べられるけど、白子コロッケはメニユーとして出している店自体が少ないから、これが食べられなくなるのは寂しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感動した料理〜その3 目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる